読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SORACOM Air が使える USB 3G/LTE モデム、WiFi ルーターのまとめ

SORACOM Air とは、ひとことで言うと IoT (Internet of Things) 向けの SIM です。
API で通信速度のコントロールができたり、データ通信量の情報を取得できたりする特徴があります。

SORACOM Airdocomo の MVNO の SIM なので、docomo 端末もしくは SIM フリー端末で使えるはずです。
スマホでも使えるみたいですが、ここでは IoT の実験をするときの本命として Raspberry Pi との組み合わせで使いやすい、USB モデム(USB ドングル)、WiFi ルーターをメインにまとめてみたいと思います。

以下、ネット上で動作報告があったデバイスを紹介していきますが、動作保証ではありませんのでそのあたりはご理解ください。
また記載した情報が間違っている可能性もあります。お気づきのことがありましたらコメント等でお知らせください。

文中で記載している価格は 2015年12月30日時点のものです。


USB 3G/LTE モデム

AK-020

まずはソラコムから販売されている AK-020(エイビット製)です。
Amazon で購入すると \5,980 で SIM(SMSなし、ナノサイズ)と SIM アダプター、1,000 円分のデータ通信量(従量課金部分)に充当できるクーポンコードがセットになっていて非常にお得です。

3G LTE
×

SIM スロット形状:標準

取扱説明書によりますと、対応 OS は Windows 7/8/8.1/10 いずれも 32bit/64bit です。
MacOS X 10.8 以上 とありますが、10.11 (El Capitan) などでは通常通りインストールしても動作しないようです。
以下のサイトのような手段で回避する方法はあるようです。
qiita.com

Raspberry Pi での動作報告は多数あるようです。
qiita.com
qiita.com

FS01BU

3G USB ドングル (FS01BU)

3G USB ドングル (FS01BU)

こちらもソラコムから販売されている FS01BU(富士ソフト製)です。
Amazon での販売価格は \8,880 でした。

3G LTE
×

SIM スロット形状:標準

この機種は Raspberry Pi での動作報告も多く上げられています。

簡単にRaspberry PiでSORACOM Airを使う(FS01BU USBモデムを用いて自動接続) - Qiita
もうちょっと楽にRaspberry PiでSORACOM Airを使う(FS01BU USBモデムを用いて) - Qiita

以下の公式サイトによりますと、こちらのデバイスは WindowsMac の最近のバージョンには対応していないようですので IoT だけでなく PC でも使いたいという場合は注意が必要です。

FS01BU 製品詳細|富士ソフト株式会社

Windows

Mac OS X

L-02A

続いては LG 電子製の L-02A です。

Amazon.co.jp での実売価格は新品で 5,000円、中古で2,000円程度でした。

3G LTE
×


動作報告は以下のような感じです。

qiita.com

Raspberry Pi + L-02A で SORACOM SIM を試す | Kataoka's Blog

L-02C

docomo L-02C レッド(R) データ通信専用機種

docomo L-02C レッド(R) データ通信専用機種

docomo L-02C シルバー データ通信専用機種

docomo L-02C シルバー データ通信専用機種

こちらのデバイスは新古品・中古品も多く出回っているのか人気があるようで、SORACOM Air で使ってみたという報告が一番多いような印象があります。

Amazon.co.jp では新品は5,000円弱、中古品は4,000円程度で入手可能なようです。

3G LTE
×


動作報告は以下のような感じです。

www.mana-cat.com
http://www.totalsolution.biz/raspberry-pi-2_soracomair/www.totalsolution.biz

L-03D

こちらのデバイスは LTE 対応です。

docomo L-03D ブラック

docomo L-03D ブラック

docomo L-03D ホワイト

docomo L-03D ホワイト

Amazon.co.jp での実売価格は新品では15,000円、中古は6,000円程度でした。

3G LTE


動作報告は以下のような感じです。

niccloud.niandc.ne.jp
fagoken.hatenablog.com

L-05A

Amazon.co.jp での実売価格は新品では 6,000円、中古は1,000円程度でした。

3G LTE
×

SIM スロット形状:標準

動作報告は以下のような感じです。

qiita.com
qiita.com

こちらの L-05A は、公式サポートではありませんが比較的新しい Mac (Yosemite) で使うことができたという報告もありました。
oshiire.to

私もこの記事を見て L-05A を購入し、実際に Mac (Yosemite) で使うことができました。

ZTE MF120 (MF112)

続いては、富士ソフトが取り扱っていた ZTE 製の MF120 というデバイスです。

qiita.com

富士ソフトの公式サイトではサポート情報しか見つかりませんでした。
MF120サポート情報 |富士ソフト株式会社

Amazon.co.jp では見つかりませんでしたので、入手性は良くないかもしれません。

3G LTE
×

3G/LTE Wi-Fi ルータ

続いて Wi-Fi ルータです。
複数台で 3G/LTE 通信をシェアしたい場合などはこちらの方が便利かもしれません。

DWR-PG (PWR-100D/F, BF-01B)

buffalo.jp

Buffalo の DWR-PG ですが、OEM 提供されている NTT 東日本の PWR-100D/F、docomo の BF-01B という機種でも同様に動作するようです。

バッファロー docomo BF-01BモバイルWi-Fi

バッファロー docomo BF-01BモバイルWi-Fi

DWR-PG はすでに販売終了しており、NTT 東日本の PWR-100D/F は光ポータブルというサービスを申し込んでレンタルされる機種だったようですが現在はすでに型番が変わっているようです。
Amazon.co.jp では BF-01B が購入可能なようで、新品では 25,000円、中古では15,000円程度のようです。

3G LTE
×

動作報告は以下のような感じです。

speakerdeck.com

こちらの機種は有線 LAN のポートがあるのが特徴なようです。

Aterm MR03LN

こちらの機種は LTE 対応の Wi-Fi ルータです。

Amazon.co.jp での実売価格は新品で25,000円、中古で15,000円程度のようです。

3G LTE

動作報告は以下のような感じです。

kidatti.livedoor.biz


Emobile Pocket WiFi GP01

こちらは Emobile(現 ワイモバイル Y!mobile)の製品ですが、ファームウェアのバージョンを上げると SIM フリー端末になるようで docomo の SIM でも使えるようです。そのため SORACOM Air も使うことができます。

EMOBILE Pocket WiFi GP01 白ロム

EMOBILE Pocket WiFi GP01 白ロム

Amazon.co.jp では新品は見つけられませんでした。中古品の実売価格は 3,000 円程度のようです。

動作報告は以下のような感じです。

qiita.com


以上、私が見つけた動作報告をまとめてみました。
他の機種でも動作報告を見つけたら随時追加していくかもしれません。
読者の方も他の機種での SORACOM Air の動作報告を見つけたらぜひコメントなどでお知らせください。

なお、上記の機種の SIM スロット形状がわかるものに関しては記載しましたが、Web サイトなどに明記されていないものも多かったので、SIM は Nano(ナノ)サイズを購入し、以下のようなアダプターを合わせて購入しておくと、どんな形状のスロットにも対応できるのでよいでしょう。

Nano SIM MicroSIM 変換アダプタ 4点セット ホワイト

Nano SIM MicroSIM 変換アダプタ 4点セット ホワイト

ただし、SIM アダプターを用いると本体側の SIM 端子を傷めてしまいやすいので十分お気をつけください。
出し入れのタイミングで SIM がアダプターから外れてしまい、アダプターの段差部分が端子に引っかかって本体側の端子が折れてしまったりします。
(私もそれで古いスマホを一台ダメにしてしまったことがあります・・・)