読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ssh の ProxyCommand を .ssh/config に書かずにコマンドライン引数で指定する方法

ssh で踏み台ホスト経由で目的のサーバーに到達したいということはよくあると思います。

たくさんの先人たちが ~/.ssh/config に書くべき内容について書き残してくれていますのでここでは特に詳しくは触れません。

基本的には ProxyCommand を使って、踏み台サーバーから目的のサーバーへと接続するような設定をすればよいのですが、この設定を ~/.ssh/config に書かずに、コマンドライン引数のみで実現できないかと思って調べてみました。

なぜそのように思ったかというと、たとえばあるサーバーに踏み台経由でログインするという処理をスクリプトにしてチームのメンバーに配布して使ってもらうような場合に、「まず .ssh/config を編集して・・・」というステップが入ってくるとそれだけで敷居が高くなってしまったり、間違いが入り込んでしまう余地が多くなってしまいます。 また、接続先の数が増えるとそのたびに編集してもらう必要が出てきてしまいますし、クラウドのようにホストのアドレスが動的に変わるような環境だと別途 API などによって IP アドレスを取得してくる必要があり、そもそも .ssh/config に static な設定を書きづらいということもあるかもしれません。

「単にスクリプトを実行すれば目的のサーバーに到達できる」というシンプルさを保つためには、可能であればスクリプトだけで完結する方法が望ましいわけです。

スクリプトで ~/.ssh/config を書き換えるという少々強引な手法も考えられますが、これは余計な問題を引き起こしそうな気がするのでちょっと避けたいところです。

そんなわけで man ssh を眺めていたところ、-o というオプションを発見しました。これは、~/.ssh/config に書くことができる内容をそのままコマンドライン引数として渡すことができるというオプションです。つまり、-o ProxyCommand=〜〜〜 というようなオプションを ssh コマンドに渡すことができそうです。

たとえば接続元ホスト(local) から踏み台サーバー (gateway) 経由で接続できるようなリモートサーバー (remote) があって、以下のように ~/.ssh/config に書いた場合、

Host gateway
  Hostname gateway.example.com
  User gateway-user
  Port 8022
  IdentityFile ~/.ssh/id_rsa_gateway

Host remote
  Hostname 10.11.12.13
  User remote-user
  Port 1022
  IdentityFile ~/.ssh/id_rsa_remote
  ProxyCommand ssh gateway -W %h:%p

ssh remote とするだけでリモートサーバーにログインできます。 (IdentityFile はどちらも接続元のホスト (local) に置いておきます)

これと同じことをコマンドライン引数だけで実現すると以下のようになります。

ssh -o ProxyCommand='ssh -i ~/.ssh/id_rsa_gateway -p 8022 gateway-user@gateway.example.com -W 10.11.12.13:1022' -i ~/.ssh/id_rsa_remote -p 1022 remote-user@10.11.12.13

ProxyCommand オプションには、gateway を介して remote ホストの ssh のポートまで到達するための設定を書き、その後 remote ホストにログインするための設定を書くようなイメージですね。 (もちろんオプションの順番はこの通りに並べる必要はありませんが、このようにすることで見通しが良くなるような気がします)

上記のコマンド例は私の実際のスクリプトから抜き出してそれをここに貼ることのできるように書き換えていますのでその途中で間違いなどが入り込んでしまっているかもしれません。何かお気づきになったらお知らせください。

実用SSH 第2版―セキュアシェル徹底活用ガイド

実用SSH 第2版―セキュアシェル徹底活用ガイド

OpenSSH[実践]入門 (Software Design plus)

OpenSSH[実践]入門 (Software Design plus)